22時〜午前2時の間に寝ていると身長が伸びるというのは正しい?

 

今すでに学生ではない人に対して当時、身長を伸ばすのにどうしていましたかということを調べていくと夜の22時から夜中の午前2時の間には必ず寝ているようにしたというような回答がありました。

 

この時間帯は身長伸ばすのに良い時間帯だとされていて22時〜午前2時の間に眠っていれば体も成長して身長伸ばしてくれるといわれています。

 

このような特定の時間帯に眠っていれば身長が伸びるというのは本当なのでしょうか?

 

 

 

午後22時からは睡眠のゴールデンタイム

 

22時〜午前2時の間に眠っていると身長が伸びるということは色々な媒体で言われていることが確認できています。

 

睡眠のゴールデンタイムとも呼ばれ成長期の子供の時期にはこの時間に寝ている方が身長伸ばすに有利になるという傾向があるようです。

 

本当にこの時間は身長が伸びるのか、それとも単純に22時ぐらいに眠っている人の方が睡眠時間が必然的に多くなるのでそれも身長が伸びるのか、ここについてははっきりしないところがあります。

 

別に22時に寝ていなかったからといって必ずしもの見ないということではありません。ただ全体の傾向を見る限り早寝早起きをするということはおそらく睡眠の質を良くする傾向があり身長を伸ばしやすくしてくれるのでしょう。

 

絶対に22時に寝れば身長が伸びるというわけではありませんが少しでも伸びやすい環境で生活するに越したことはありません。

 

 

基本8時間以上の睡眠を取ったほうがいい

 

身長伸ばすのに必要な睡眠時間ということですが基本的に子供のうちは睡眠時間は多ければ多いほうがいいと言えるでしょう。 基本的に8時間以上の睡眠をとったほうがいいと言われています。

 

睡眠時間が短くても生活に支障はないということはありますが、身長伸ばすのには悪影響が出てきてしまうということです。本人の自覚はないのでそのまま短くても何も問題がないと思うかもしれませんが将来的な身長伸びを考えるとなるべく多くの時間、睡眠を確保したほうがいいということになります。

 

基本的に8時間以上の睡眠ということは朝6時に起きるのであれば夜22時には寝なくてはいけないということでちょうどこのゴールデンタイムの理論が該当するということになります。

 

朝7時であれば23時でもOKということで若干この理論はズレますが、いずれにしても8時間以上はしっかりと眠るようにするということが大切だとされています。

 

 

学生の間は朝起きる時間が決まっている

 

学生の間に関しては少なくとも朝起きる時間は決まっています。学校に通わなければいけない以上いくら睡眠時間を確保したいとしても朝8時まで寝ているということは現実的には難しいでしょう。

 

そうするとやはり朝起きるのも遅くするのではなく、夜早く寝るしか睡眠時間を多く確保する方法ありません。途中で昼寝をするという方法もありますが、これは一時的な疲れが取れるかもしれませんが体を成長させるという点でみるとあまり賢い方法ではありません。中途半端な睡眠を取って夜眠れなくなってしまうのであれば、途中で眠いのは我慢をして夜なるべく早く寝るというような習慣に書いたほうがいいでしょう。

 

22時というとかなり早すぎという印象を持つかもしれません。23時でも早すぎと感じる人もいると思います。あくまでこれは身長伸ばすのに適した睡眠時間の話であり身長が伸び切ってもうこれ以上は必要ないということであれば各自の自己責任で夜遅くまで起きていても問題はないわけです。

 

ただその時はいいと思っていても後で後悔するということがないように出来れば夜は早く眠ることをおすすめしたいです。

 

 

夜更かしは絶対にNG

 

身長を伸ばすことに関して睡眠時間の確保は大事ということ。それは夜更かしはNGだということにもなります。

 

夜更かしをすると必然的に睡眠時間が短くなります。夜更かしをして起きる時間も遅くなればどうなのかというところまでははっきりとは分かりません。ですが身長伸ばす成長期のうちは朝学校に買わなければいけないということは分かっている話ですので夜更かしをしながら睡眠時間を確保するということは不可能なのです。

 

夜更かし自体は決して健康にも良い影響を与えません。夜無理やり活動するのであれば朝早く起きて活動する方が良いとされています。

 

夜になると思考力も体力も低下しますし、何をするにしても良い影響を与えるということはないでしょう。どうしても成長期の時期になってくるとやりたい事や楽しい事と言う事はたくさんあり、夜遅くまで起きてやっていたい、まだ寝たくないというようなことがたくさん出てくるかと思います。

 

その時は楽しいかもしれませんが後になって身長が伸びなくなってもっと伸ばしておきたかったというような後悔することになってはいけません。身長を伸ばすためには夜更かしをしてはいけないということをしっかりと肝に銘じて早めに寝ることを考えたいものです。

 

 

勉強であっても夜更かしはNG

 

夜更かしというと遊んでいて遅くなってしまったというようなイメージを持つかもしれませんが、成長期の子供が夜更かしをする原因として勉強をしているということもあります。

 

遊んでいて夜遅くまで起きているのであれば親としても注意しやすいですが、勉強をしているとなると注意しにくい、もっと頑張ってほしいというように思ったりもしてしまいます。

 

夜に勉強するとなんだか捗るというような人もいるでしょう。ただしこれは身長伸ばすことに関しては完全にNGな行為です。

 

そして夜間に勉強するということは記憶力等に関しても決して良いというものではありません。だんだんと体が疲れてくると思考力や判断力が鈍ってくるのでたくさん勉強しているような気になってしまいますが、実際に後で振り返ってみると時間の割にそこまで進んでいなかったというようなことも起こります。

 

もちろんやらないよりはやったほうが成績は伸びますので微妙なところはあります。どうしてもテスト前だったり、受験勉強をやったりと夜遅くまで勉強しなければいけないという時もあるでしょう。

 

そのような事情を踏まえても夜更かしは身体の成長にとっては好ましくないということでできれば日中のうちにその日のうちにやらなければいけないことはやっておくべきです。あまりにも毎日夜中まで勉強しないとついていけない、自分の目標が終わらないという場合は何か他の生活の見直しをしなければいけないという状態なのかもしれません。

 

体の成長と引き換えにするにはどうなのかということもありますのであまりにも夜型になってしまう場合は親としても子供の生活の見直しをサポートするなどのことをしたほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は22時〜午前2時の間に眠っていた方が身長が伸びるのかどうかということについて話をしました。

 

絶対にこの時間帯に眠っていると身長は伸びるとか他の時間帯で企画するといいのかどうかということに関しては曖昧な点が多いですが、睡眠時間も多く確保した方が身長が伸びるということは疑いようのない事実です。

 

朝起きなければいけない時間が決まっている以上夜はなるべく早く寝るということ。どうしても遅くなってしまうという場合は生活そのものを見直しを考えてみるということも必要になるでしょう。

 

後々後悔することがないようにしっかりと生活リズムなどを考えてみてください。

 

 

★注目
身長サプリメントのおすすめはプラステンアップαです。
⇒プラステンアップαの詳細はこちら

 

 


このページの先頭へ戻る